スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年春合宿in上野村!

 DSC00796.jpg
ようやく重い腰を上げ、やって来ました上野村!
なんてったって今回、釣りじゃアリマセン!!。自転車なんです!。

来月「時空の路ヒルクライムin会津」が有りますから、いい加減練習しないとかなり「ヤバイ」んですよ。

そこで今回の参加メンバーで、釣り&ビール自転車強化合宿をすることになりました。
DSC00799.jpg

とても練習熱心な、セーテン、ピエールふるはし、カラクリマイマイ、爽やかトーマスの4名で、群馬県上野村、御荷鉾を登ります。




残念ながら今回、十石峠が落石通行止めらしく、比較的交通量の
少ない御荷鉾を登ります。


IMG_0192.jpg

どうせなら早めに行こうと言うことで、前日夜9時過ぎに出発。(これが後、とても有効策となりました)

11時過ぎに現地に着き、テント設営してから単独で合流予定のカラクリマイマイを待ちながら一杯やろうという事になりました。が、待てど暮らせどマイマイ来ません。


結局早朝4時近くにやって来た頃にはベロベロ。
いつの間にやら焼酎に変わっていて、最悪のチャンポン!。

翌日起きて、真面目ですから予定通り御荷鉾に向かいます。
DSC00786.jpg
この時点ではやはり酔っていたようで、まったく麻痺麻痺。
いよいよ本格的に登り始めると、胃が痛くて気持ち悪くて頭痛くて目が回って・・・。
DSC00788.jpg

登り始めて早々にピエールふるはしが遅れ、やはりかなり二日酔いのセーテン、うめきながら遅れ、
カラクリマイマイと二人旅。


実は登りはじめからサドルのやぐらが緩み、サドルがくるくる回ってとても走りずらかったんですよ。


ちょっと強くペダル踏み込むと「クル!」っとサドルが回ります。


後ろを走るマイマイに、サドルが回って走りづらいんだようと言うと、「ア!!ホントだぁ!」と行っていきなりアタックしていきました。
DSC00789.jpgとにかく気持ち悪いしサドル回るしだんだん離されます。

「もうムリかなぁ?」と思っていると、前を走るマイマイの背中にいつの間にやら「もう疲れましたぁ」と書いてあります。

結局もうちょっとでゴールと言う所で抜き返して何とかトップゴール出来ましたが、こんな辛い御荷鉾林道は初めて。

やはり飲みすぎは良くアリマセンね!。

琴平に寄り道してキノコを調達。
河原に戻ってお楽しみの昼食タイム。

本日のランチは「生キクラゲとアンチョビのガーリックトマトソースバスタ」旨いです、自画自賛です。


結局昼間っから迎え酒、ビール、美味しゅう御座います。

その後は当然温泉!。わたくしだけ300円です。




風呂上がりはディナータイム!。(なんだか食って飲んでばかり?)
ディナーは「ソーセージとキャベツのキノコたっぷりポトフ」絶品です、自画自賛です。

さすがに超二日酔いプラス極限的寝不足から、何と10時過ぎには酔いつぶれ就寝です。

DSC00785.jpgIMG_0196.jpg
翌朝早朝、凄まじいイビキで目が覚めますが、どっから聞こえているのか分からず、テントの中から外を覗くと、隣のピエールふるはしとカラクリマイマイのテントから聞こえてきます。
隣のテントのイビキで朝起こされたの、初めてですよ!。怖いです。
DSC00784.jpg
川でスネ毛を剃るピエールふるはし。この後魚が浮きます。

朝のパニーニ&珈琲を満喫して「さて!今日も御荷鉾に登るか!」と思っていると何と雨!!。

御荷鉾の路面、なぜか砂がたまっていて、登りでも転びそうでしたから、雨はムリ!との判断で、今日はノンビリ。


その後、結局雨はほとんど降りませんでしたが、まぁ、ノンビリ楽しめれば。

DSC00793.jpg  DSC00795.jpg
昼は福寿庵の蕎麦を堪能して、またまた温泉!一番風呂で合宿終了!。

次回の飲み会合宿は7月開催予定!。
更に高いとこまで登りますよ!。
DSC00798.jpg
スポンサーサイト

養沢生まれ!。

 IMG_0186.jpg
この子も養沢生まれの沢ガニです。

確かに自宅で寝てたはずなのに、起きてビックリ!こんな所に居ました。
IMG_0130.jpgかの有名な「トーマスブレークモア記念社団養沢毛鉤専用釣場」です。
あきる野市の養沢川を使った大変長い歴史のある毛鉤専用の管理釣場なんです。

天然河川をそのまま使ってますから、とても管理釣場とは思えないロケーションを楽しめます。

何よりも、この河川で繁殖した魚がイッパイいるんですよ。
いわゆる養沢生まれの綺麗な魚がイッパイ居ます。
特に養沢生まれのヤマメは、体側が赤味ががっている物が多く、とても美しいんです。

その養沢ヤマメを釣りたくて毎年行くんですが、何と!今年は1回目で釣れちゃいました!。
IMG_0163.jpg IMG_0162.jpg
管理釣場ですが、こんな魚が釣れれば満足出来ますよ。
IMG_0148.jpgニジマスだってシッカリ再生産してますから、ヒレピンです!。
従って、引きも強烈!かなり楽しめます。

シーズンオフには、鳥や密漁から魚たちを守るため、河川に竹をかぶせたりと、色々努力しているたまものですね。
IMG_0150.jpg

この養沢川。何年も前ですがブラウントラウトも数回放流した事があるんですが、何と!細々とここで自然繁殖しているんですよ。
IMG_0184.jpg運が良ければ釣れます。
しかし!何と今回釣れちゃいました!。

これでもう今年は良いかなぁ?てぐらい満足です。

お昼は例のごとくテラスでお弁当&ビール!。

この快適さも養沢の魅力なんです。
DSC00712.jpg
未だになぜ朝ここに居たのかわかりませんが(瞬間移動?)、結果的には大満足の一日でした!。

明日は釣りませんよ!。
IMG_0174.jpg IMG_0157.jpg

ところで、またまた見覚えのある小さい釣り人が居るなぁと思ってみていると、やっぱり小隊長発見!。
IMG_0152.jpgやっぱり川ならどこにでもいますね。


渓流のギャングを探せ!

 1.jpg
アオサギ、日本最大のサギです。

神流川には色々な種類の野鳥が暮らしています。
2.jpg 今年もかれこれ10日以上釣行しましたが、ほぼ毎日カワウを見かけました。

このカワウ、釣り人には目の敵ですが、実はカワウは羽毛の脂分がとても少なく、数回潜って魚を追うと、スッカリ羽が濡れて飛べなくなります。

だからほとんど一日中羽干ししてるんです。
良くカワウが羽を拡げてジッとしてるの見たことありますよね。
そんな事で、渓流でヤマメやイワナを追う事は滅多にあり得ないんですよ。

カワウの場合、フラットな流れで、放流したての余り遊泳力が無い魚や、鮎やウグイなど比較的集団で生息する種ぐらいにしか影響しないような気がしますが・・。

3.jpg 
続いてヤマセミ。

今年の神流川では、とても良く見かけます。
特に「せせらぎ裏」では、今年つがいが盛んに餌取りしています。

大きさはハトぐらいですが、20センチぐらいのヤマメなら丸呑み出来ます。

しかしながら、一日に食べる量はたかがしれてます。

まぁ、この2種に関しては、言われているほど影響は無いかと・・。

続いて真打ち登場!。
トップの写真見てください!。
古代の生き残り然とした姿(実際、恐竜並みの歴史があります)。
その大きさと良い、たぶん野生生物では最も渓流魚に脅威を与えてるであろう「アオサギ」です!。

その長い首で、岸辺によってきた魚を一撃必殺で補食します。
何しろ大型の野鳥ですから、イワナやヤマメなんぞ、ペロ!と丸呑みです。

しかし、この3種の野鳥、遙か太古の昔から魚を食べ続けてますが、彼らのせいで絶滅した魚はおそらく無いでしょう。
IMG_2078.jpg
そう考えると、食べるためや近所に配るためにイワナやヤマメを捕りまくる人間が一番渓流のギャングかもしれませんねぇ?。

一時期、やり玉に挙がったブラックバスだって、その卵はヨシノボリの大好物で、寄ってたかって食べられてしまうと聞いた事があります。
アマゴ0008
少なくてもわたくし、魚は買って(サンマとか、アジとか・・)食べますよ。
生き物を殺すのがイヤだから生き餌を使わず毛鉤使ってます。(実は、虫が苦手で触れないんです)

今日は雨、寒いですね。
ヒマです・・・。

釣り人的野外用椅子考

 _MG_2420.jpg
左が20年物で、右が今回ゲットした物。いつの間にやら座面がワイドに。

良くは覚えてませんが、少なくとも20年は愛用しているスノーピークのチェア。

二つ買って、そのうち一つは10年ほど前に背もたれを付けている黒い部品が割れてしまい、それほど安くないこのチェアも「こんなモンかなぁ?」と思ってました。

それから更に十年ほどで、残るもう一つも同じところが割れました。

まぁ、安い物では無いけれど、20年ほど使えたからまあ良いか?と思って、新しいチェアを探しに近所のアウトドアショップに行ってみました。

実はそのショップ、スノーピークのフラッグシップストアらしく、訳を言ったら「直りますよ!」。

早速もったいないから修理に出してみましたが、何しろ20年はたってる年代物。
「ホントに直るの?」と半信半疑。

それから1週間ほどしてショップから電話で「直りました!」。

「早いですねぇ、おいくら?」「無料です」、え!ほんとに?。

「ついでに足の部品もガタが有ったので交換したみたいですよ」

いやはや、恐れ入りました。

それも、足のパイプが新品!問題の黒い部品は頑丈な物にグレードアップ!。
_MG_2422.jpg _MG_2421.jpg
スッカリ新品同様に!。

海外の有名ブランドでは到底出来ないサービスですね!。

さすが新潟ブランド!。

早速もう一脚買いましたよ!オススメです。

ゲキシブ!2週間ぶりの神流川川練!。

 DSC00709.jpg
先週は一日だけコッソリ秩父釣行。
従って18〜19日2泊2日、2週間ぶりの上野村、神流川で川練ですよ。

事前情報によると、とてもスレスレ、かなりキビシ〜イ状態らしいんですが、頑張ります。

とりあえず瀬を釣り上がりますが、いきなり横っ飛びのアタック!。
「うぉ?何時も通りじゃん!」。
まあまあの型で一安心!と、写真撮ろうとしたら勝手に帰って行きました(泣)。
当然バーブレスフックですから、いとも簡単に外れちゃうんですよ。

その後が大変!。
まったく持って釣れません!。
やっぱり事前情報は本当でした。

IMG_0089.jpg
しょうが無いから琴平で買い物して早飯です。
今回の目的は、シイタケ好きの甥っ子のためにキノコを買いに来たんです。

何時も通りの巨大シイタケと、特盛りのマイタケ、オマケに大量のふきのとうをゲット!。

午後になってもまったく釣れる気がしません。
DSC00698.jpg
腹が減ったから3時のおやつに琴平で買った生キクラゲとアンチョビを使ったピザトースト。
歯ごたえ抜群の生キクラゲと、しょっぱいアンチョビがビールにピッタリ!。

DSC00696.jpg ビール飲んでマッタリ!そのまま夜の宴会モードですよ!。
DSC00700.jpg



本日のディナーは、めんどくさいからオヤツの材料をそのまま使った「生キクラゲとアンチョビのパスタ・バジル添え」。
美味しゅう御座いました!。

明るいうちに、お約束の温泉タイム!(入浴シーンはもったいないから乗せません!)。
何と言っても歩いて3分!オマケに釣り券見せると300円!。
露天風呂サイコー!。

ごくらくごくらく。

スッカリ良い気分でテントに戻って宴会を続けますが、天気予報どおりポツポツ。
DSC00707.jpg 
続きはテントの中で!。
つまみは魚を炙って竹輪焼いて、テントに当たる雨音をBGMに、良い気分!。

100円ショップで新調した焼き網、良い仕事してくれます。

スーパーの特売で見つけた「イワシの味噌煮」の缶詰が有ったから、何となく網に乗せてグツグツしてみたら、これが絶品!。
IMG_0096.jpg 
身がフックラ、熱々でビールに合います。

わたくし正直、缶詰が「旨い!」と思ったの、生まれて初めてかも。

新たな発見です。

そして翌日、キャンプ地前は釣れないので、早々に見切りを付け瀬に入ります。
初日、撮影寸前に逃げられたヤマメちゃんをとりあえず仕留め(良く二日連続同じ人に釣られますね)写真撮影成功。
気をよくして数匹立て続けにゲットしますが、やたらバンバンメンディングして、ポンポンヤマメを釣り上げるとても小さい人が!。
DSC00728.jpg 
やはり、小隊長発見!。

この人には、どんなにスレスレヤマメだろうが関係無いんですね。
見事に次から次へと釣り上げていきます。

惚れ惚れとして見ていると「がー!!」。

何事?、どおしたの?と聞くと「このヤマメ、さっき釣ったやつだ〜!」。

同じ魚を時間置かずに2回も掛けるとは、このオバサンやはりただ者では無いぞ。

「どおしてそんなに釣れるの」と聞くと「しらん!」と言われました。
IMG_0120.jpg

お昼は久々「福寿庵」でたぬきセット。
やはり旨い!。
ビンボーですから、自給自足がお約束ですが、たまにはね。
DSC00702.jpg
DSC00692.jpg 
とにかく今の神流川、ゲキシブ!。

せせらぎ裏に居たヤマメちゃん、どこ行ったんでしょうか?まったく見えません。

ヤマメと違う魚(うぐい?)のライズが散発。
瀬には魚見えますが、毛鉤を見に来るだけで(それも一回だけ)かなり難しい状態です。

まぁ、釣れなくても旨いモン食ってビール飲んでキャンプ&温泉、最高じゃぁありませんか!。

ところで上野村、だいぶ暖かくなりました。
昼間はシャツ一枚で大丈夫!。

これなら次回は自転車持ってきても良いかも。

実は今回「カメムシ濡れ衣事件」が有りましたが、あまりにも面白い話なので今回は書きません。秘密です。

DSC00710.jpg
最近、タイムリーな話題はすべてFacebook、まとめをブログで、と言うスタイルに移行しています。
従って更新頻度は減ると思いますが、長い話はこのままブログで続けようかと思っています。

夏はサンダル!

 _MG_2412.jpg
やっと春らしくなってきましたね!。

ようやくサンダルの季節がやって来ました。

かれこれ13年ほど前、銀座のA&Fで見つけたTEVAのサンダルに一目惚れ。
サンダルにしては、法外に高価なこのサンダルを、借金して買ってしまいました。
そして履いてビックリ!ものすご〜く快適。しかもオシャレ。

以来、夏でも冬でも愛用してきましたが、7~8年たった頃、ついにソールが剥がれて3枚になっちゃいました!。

それはもう悲しくて悲しくて・・。
それから一生懸命探して二つ目のTEVAをゲット!。

その二代目TEVAもかれこれ5年以上ですからかなりお疲れ。
また3枚になる前に次を探さなければ。
このお高いTEVAのサンダル、とにかく丈夫で履きやすいんですよ。

次もTEVAか?と思ってましたが、我が家の近所にあるアウトドアショップで見つけたKEENのサンダルに一目惚れ!。
果たしてこのサンダル、やはり法外に高価ですが、長期テストしてみましょう。
プロフィール

トーマス軍曹

Author:トーマス軍曹
Yoshito Endo

フライフィッシングと自転車大好きフォトグラファー。
日本写真家協会 会員

2010’ ツールドジャパン
 Aクラス チャンピオン

2010’ JCRC Aクラス4位

2009’ ツールドジャパン
 Bクラス チャンピオン

2009’ JCRC Bクラス3位

2008’ ツールドジャパン
Bクラス 2位

2008’ JCRC Bクラス4位

2007' ツールドジャパン
Bクラス チャンピオン

2007' JCRC Bクラス 4位

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2613位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
158位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
PC DEPOT
PCDEPOT WEB本店/OZZIO
SONYストア
Amazon
おすすめ
FC2アフィリエイト
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。